シンガポールでMBAを取得する魅力

NUS MBA Blogをご覧の皆様、はじめまして2011年度に入学した小杉史生と申します。このNUS MBA Blogは通常は英語で書かれていますが、私ともう一人同じく今年度入学した毛利初夏さんの二人で交代で、定期的に日本語でも記事を発信することになりました。

記念すべき第1回目のテーマは、「シンガポールでMBAを取得する魅力」について書きたいと思います。

iStock_000016995930XSmall

近年少しずつアジアのMBAへの関心が高まってきたとは言え、やはり日本人MBA希望者の多くは欧米、特にアメリカに目を向けているのは実情だと思います。

そうした中で欧米のMBAにはない魅力が、ここシンガポールにはあると思います。ここでは大きく以下の3つの視点から、シンガポールでMBAを取得するメリットについて触れたいと思います。

1. アジア経済のハブ

21世紀は「アジアの時代」であるということは恐らく異論のないところだと思います。恐らく日本企業も、今後は今まで以上にアジア地域への進出を加速していくものと予想されます。

シンガポールでMBAを取得する魅力
NUS MBA Full Time Students, Class of 2012

このような状況下で、アジア経済のハブであるシンガポールでMBAを取得することは、MBAの知識そのもののみならず、アジア・ビジネスへの精通及び人脈拡大の観点から非常に魅力的であると感じます。

事実、クラスメートを見ても、今後経済大国になるであろう中国やインドから多く集まるほか、シンガポールという場所柄シンガポール及びその周辺地域からも多くの生徒が集まってきています。

Continue reading